北海道版の自動車税・自動車取得税申告書の記入例…行政書士の推理


内容的には 

品川ナンバーから札幌ナンバーへ移転登録で、所有権留保している法人 日本総務自動車販売株式会社が旧所有者で、

旧使用者が東京一郎さんです。新所有者が、株式会社 赤レンガ自動車販売となっております。

そして新使用者は北海 道夫さんとなっています。

この下の記載例から、自動車登録に精通した行政書士であるならば

どんな書類が必要だったか分かります。

1.日本総務自動車販売株式会社については、印鑑証明書・譲渡証明書・委任状が最低必要、もし、住所や商号が
 変わっていれば、内容がわかる法人の全部事項証明書などか必要である。

2.新所有者が、株式会社 赤レンガ自動車販売については、印鑑証明書と基本的に委任状が必要である。

3.新使用者は北海 道夫さんについては、委任状・車庫証明書・住民票(印鑑証明書も使える)が必要である。

4.ナンバーが管轄変更なので、ナンバープレートの返納が必要となる

代理人が必要なケースを前提としてではあるが、

1から4まで、の書類が必要となることが、類推できる。

 もう一つ1.5年落ちなので自動車取得税がかかる。




北海道版自動車税申告書記入例.jpg

この記事へのコメント