一つの時代が終わる。行政書士が生き残るには?新車だけですがOSSも始まります



  自動車の登録申請等のため運輸支局に提出する

   OCRシート(約15種類)に

   つきましては、有料で販売してきたところです。

      しかし、国土交通省が平成29年1月から実施する


          自動車登録システム(MOTAS)の更改により、

     読み取り機器の文字認識精度が向上するため、

     現行のOCR専用

           シートでなくても申請できるようになります。

   平成29年1月以降は、国土交通省が用意する

 無料の用紙(運輸支局等に準備)、


   又はご自分で国土交通省HPのWEBから


    ダウンロードした用紙での登録等の申請が可能となります。


 自動車登録関連事務は、今迄のような中古自動車販売店

 からの受注ではなく、エンドユーザーに直接かかわらなければ

 ならない時代になって来た。


 イエローハット・オートバックスなどの部品販売店や

 買取専門店だったガリバーなど が、次々と参入し、

 中古自動車販売店というくくりではない市場が

 形成されています。

 ここで、自動車の手続きの分野を、

 行政書士が確保していくには、

 まずできる行政書士を多数育成する事が必要です。

 これは、最低条件です。

 また手続きができるだけではなく、市場全体を取り込むには、

 一般ユーザーが便利だと思う

 方向性に、着目しない限り、行政書士が確保して

 いくことは不可能です。






この記事へのコメント